2011年04月30日

第50回 2011パ・リーグ本気の順位予想




ついに第50回を迎えました。まだまだ通過点ですが、やはり感慨深いです。皆様改めてこれからもよろしくお願いいたします。


さて


今回は先週に引き続き、ムネカタくんがゲストで2011パ・リーグの順位予想をしていこうと思います。


ムネカタくんの予想

6位 オリックス

5位 ロッテ

4位 西武

3位 楽天

2位 日本ハム

1位 ソフトバンク





イワタの予想


6位 オリックス

5位 ロッテ

4位 日本ハム

3位 楽天

2位 ソフトバンク

1位 西武



雑感...



オリックスは選手層が薄すぎる、開幕投手が木佐貫ってのもあまりに寂しいし、打線もT−岡田だけでは頼りない、注目の韓流コンビは全盛期をとうに過ぎてしまった存在なので過度の期待はできない。


ロッテは、投打の主力の流出が痛すぎる。打線は切り込み隊長・西岡のメジャー移籍。投手陣は守護神小林宏の阪神移籍は、手痛い。しかも、目立った補強もしていないため完全に戦力ダウンしてしまっている。大嶺や清田、荻野など、若手の奮闘に期待。


西武の課題は中継ぎ・抑え。シコースキーも含めて、信頼できるリリーバーがいない。先発は、涌井、岸、帆足の3本柱に加えて、次世代アンダースローの牧田が加入するなど盤石。打線も、片岡、栗山、中島、中村の上位打線は最強かもしれない。

楽天は戦力云々ではなく、星野監督の効果や、がんばろう!東北。震災に対する思いがAクラス入りさせるのではないでしょうか。気持ちだけじゃ絶対勝てないんがプロ野球と前回、お話していましたが、日本中が応援しているので、ぜひCSまでは残ってほしいです。


日本ハムは、例年通りバランスが良いです。目立った穴が無いところが素晴らしいですね。祐ちゃんフィーバーも大きいと思います。1試合1試合の粘りも12球団随一です。唯一の懸念はキャッチャーでしょうか?鶴岡が離脱した状況で、若い大野がどこまでやれるか見ものです。


ソフトバンクは投打に渡って、言うことが無いです。まあ、強いて言えば先発がコマ不足かな?とも思うのですがまあ大丈夫でしょう。パ・リーグの巨人みたいな球団になりつつありますが、巨人よりもバランスが取れている気がします。



いや〜それにしてもパ・リーグは層が厚い!全く予想ができませんでした。


皆さんもご意見あれば番組宛てにメールください!


イワタ
posted by ぶっ飛び!世界一周 at 09:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

第49回 2011セ・リーグ本気の順位予想




本日は本当に久しぶりのゲスト出演で、ムネカタくんにお越しいただきました。

ムネカタくんは、CSで「プロ野球セット」を契約しているくらいの熱いプロ野球ファン。

そんなムネカタくんと今週はセ・リーグについて考えたいと思います。


ムネカタくん予想...

6位 横浜

5位 広島

4位 ヤクルト

3位 中日

2位 巨人

1位 阪神





イワタの予想...


6位 横浜

5位 広島

4位 巨人

3位 中日

2位 阪神

1位 ヤクルト



6位は横浜で一致。横浜ファンの方がいたら申し訳ないですが、今年もダメだと思います。プロ野球は団結だけじゃ勝てません。ピッチャーが明らか足りてません。目指せ90敗以内!


5位も広島で一致。最近の定位置ですが、今年も同じでしょう。まず、打線の迫力不足。現在首位ですが、篠田、今村、福井など、若い投手陣が奮闘してますが、年間を通しての活躍には懐疑的。


4位はムネカタがヤクルト、イワタが巨人を予想。これはおかしいです。今年のヤクルトのスローガンは「power of unity」。持ち前の団結力で優勝することでしょう。横浜とは違うんです。巨人は低反発球、東京ドームの使用制限などが低迷の要因。実際今年のHRペースは悪いです。沢村に期待!

3位も中日で一致。井端、和田、谷繁、岩瀬...これまでチームを引っ張ってきた選手の高齢化は否めない。さすがに今まで通りの活躍は望めないです。しかし、落合ならAクラスに持っていくのでは?という希望的観測。


2位はムネカタが巨人。イワタが阪神。巨人は先ほど説明した通り。阪神は下手すりゃ巨人よりも充実した戦力を持っています。金本の連続試合出場が切れたことも、皮肉ですが好材料かもしれないです。打線、先発、中継ぎ、抑え...どこを見ても目立った弱点は見当たりません!

1位はムネカタが阪神。イワタがヤクルト


要は阪神強いけど、ヤクルトが最終的には勝つということです。

正義は勝つ!!


少しエゴに走ってしまいました。申し訳ありません



でも正義は勝つ!


イワタ



「正義」の話と言えば...

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 [単行本] / マイケル・サンデル (著); Michael J. Sandel (原著); 鬼澤 忍 (翻訳); 早川書房 (刊)

posted by ぶっ飛び!世界一周 at 09:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

第48回 どうする原発?どうする日本?




更新遅れてしまい、大変申し訳ありません。


どうする原発?どうする日本?と題して、今週はいまも先行きが見えない原発問題を取り扱います。


いま、ドイツをはじめとして世界中で反原発運動が盛んになっています。


福島のあの無残な姿を見れば、やっぱり原発はやめてほしい!

そう思うのは当然のことだと思います。



しかし、ふと冷静になった時、いま急に原発がなくなってしまったら、大変なことになってしまう。と気づくに違いありません。



原発は怖くて嫌だけど、無ければいまのような生活ができない。


私たちは今、このようなジレンマに陥っているわけです。



皆様ならどう考えますか?


僕には答えが出ませんが、やはり思うことは皆様と同じく、「怖い」ということです。


ブラジル、カナダの水力発電。

アメリカの火力発電

などなど、燃料となる資源があれば話は別ですけど、残念ながら日本には代替エネルギーをすぐには用意することができません。



ならば、電気を使わなければいいじゃん。という意見もあります。


でも、一度味をしめてしまった豊かな生活から卒業できるかは、なかなか難しそう。



一応僕の結論としては



ドイツ流の脱原発政策を導入するということ。



原子力に変わる代替エネルギーを確保するごとに、原発を廃止していって、最終的に原発をなくすというドイツが打ち出した計画。

これがいつ実現するかは別として、なにか行動に移せないかなと思います。


「安全」、「万全を期す」と言いながらも、これまで様々な事故が日本国内の原発でさえ起きてきました。


経済的な問題、政治的な問題もあるのでしょうけど


やはり原発は「怖い」。と、ただただ思います。




なんだかブログまで重くなってしまいました。


何か番組を聴いて感じたことがございましたら、ぜひぜひ番組メールフォームまでメールください!待っています!


ではでは


イワタ
posted by ぶっ飛び!世界一周 at 22:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。